危機事象への対応の重要性

女の人

危機管理という言葉定着はしているものの、本当の意味では理解されていません。きちんとしたマニュアルがあるだけでは不十分です。危機に対する備えを十分にしておき、万一発生した場合には被害を最小限に抑え、速やかに収束させる実質的な危機管理体制の整備が必要です。

読んでみよう

容易に検索して活用

パソコン

文書管理を物理的に行うと、保管であったり検索が難しく、活用もしにくい問題がありました。コンピュータによるシステムを利用することで、保管はすべてサーバ上で行われ、検索もファイル名などで行えます。活用も容易になりました。

読んでみよう

情報への信頼が高まる

システム

情報は管理をおろそかにすると簡単に流出してしまいます。組織的な取り組みで守る必要があります。ISO27001は、情報の管理に対する国際規格です。取得を通じて、社員の情報に対する取り組みが向上し、企業活動が行いやすくなります。

読んでみよう

企業の社会科的価値の向上

IT

社会的信頼を向上させる

福島での原発事故、立て続けに起こる地震や台風災害などの影響もあり、日本においては環境問題に関する意識は年を経るごとにますます深まってきています。そうした中で注目されているのが、持続的な環境リスクの軽減や回避に対して取り組む環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001です。ISO14001を取得することで、その企業が環境問題に対して真摯に取り組んでいることが明確となり、企業の社会的な価値を高めることができるようになります。海外の企業には、取引要件としてISO14001の取得を上げているところもあり、企業のビジネスのグローバル展開及び競争力の強化に非常に有益なものであると言えるでしょう。

国際規格をクリアするには

ISO14001を取得するためには、規定の審査をクリアする必要があります。そのためには企業は自身に対して様々な改革を余儀なくされることになりますが、それが結果として企業としての体質改善につながってくるということにもなります。ISO14001において重視される審査のポイントというものがありますので、そうした点に着目して業務改善に取り組んで行くのが良いでしょう。大まかなポイントとしては、ワークフローや業務プロセスの中で、環境マネジメントシステムが運用されているかどうかという点が重要になってきます。またそのシステム自体の妥当性、現場レベルにおいて有効に機能しているかどうかという点も重視されており、企業全体での取り組みが重要になってきます。